FC2ブログ

2019 TRON Symposium PMCブースのご紹介 IoTエッジノード向け世界標準OS「IEEE 2050-2018」で 組込み機器の開発をマスター「μT-Kernel 3.0教育&実習パッケージ」

ここでは、「2019 TRON Symposium PMCブースのご紹介 IoTエッジノード向け世界標準OS「IEEE 2050-2018」で 組込み機器の開発をマスター「μT-Kernel 3.0教育&実習パッケージ」」 に関する記事を紹介しています。

2019 TRON Symposium(TRONSHOW)パーソナルメディアブース(ブースNo: A13)では、IoTエッジノード向け世界標準OS「IEEE 2050-2018」で組込み機器の開発をマスターできる「μT-Kernel 3.0」の教材セット「μT-Kerne l 3.0教育&実習パッケージ」のデモンストレーションを行います。

μT-Kerne l 3.0教育&実習パッケージ

本製品は、組込み教育で実績のある当社の「リアルタイムOS 教育&実習パッケージ」をベースに、実行用のリアルタイムOSとして「μT-Kernel 3.0」を採用し、IoTの応用システムやIoT関連機器の開発にも対応したものです。リアルタイムOSの基礎から実践的な組込みシステムまで、IoTエッジノードの開発に必要な知識を体系的に修得できます。製品の詳細を担当員がご説明いたしますので、是非当社ブースまでお越しください。

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://personalmedia.blog36.fc2.com/tb.php/358-c190a3d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック