FC2ブログ

「TRONイネーブルウェアシンポジウム TEPS 32nd」の参加申込を受付中です!

ここでは、「「TRONイネーブルウェアシンポジウム TEPS 32nd」の参加申込を受付中です!」 に関する記事を紹介しています。

TRONイネーブルウェア研究会では、障碍者、高齢者などを問わず誰でも使えるコンピュータ環境の実現を目指し、活動を行っています。
また、シンポジウムを通して、多くの方々と意見交換や討論を行い、交流の輪を広げてきました。

今年のTEPSでは、森村尚登 東京大学大学院医学系研究科教授をお招きします。森村教授は、2011年の東日本大震災など国内外の多くの災害医療に携わってこられました。また、2020 年東京五輪・パラリンピックに係る救急医療体制検討合同委員会において委員長を務められています。

地震や台風などによる大規模災害が発生すると、一度に多数の負傷者の救命・治療が必要になります。災害医療においては、国により指定された災害拠点病院や、災害現地に派遣され医療を行う災害医療派遣チーム(DMATやJMAT)が大きな役割を果たします。こうした災害医療の現場にIoTやAIの技術が活かされれば、より高度な災害医療の可能性が生まれます。

講演、パネルセッションを通して、災害医療におけるIoTやAI技術の役割、活かし方に関する議論を深めていきます。

現在、本シンポジウムのウェブサイトにて、参加申し込みを受け付けています。

今年も2019 TRON Symposiumに先立ち、12月7日(土)に東洋大学赤羽台キャンパスINIADホールにて開催いたします。
皆様のご参加を心よりお待ちしています!

teps.png

TRONイネーブルウェアシンポジウム
TEPS32nd「IoT+AI時代の災害医療」


主催:トロンフォーラム/TRONイネーブルウェア研究会
共催:INIAD cHUB(東洋大学情報連携学 学術実業連携機構)
   東京大学大学院情報学環 ユビキタス情報社会基盤研究センター
日時:2019年12月7日(土)14:00~17:00(13:30受付開始)
会場:INIADホール(東洋大学 赤羽台キャンパス)アクセス
参加費:無料
参加申込:TEPSウェブサイトよりお申込みください。

基調講演:坂村 健(INIAD(東洋大学情報連携学部)学部長、TRONイネーブルウェア研究会 会長)
特別公演:森村 尚登(東京大学大学院医学系研究科 救急科学 教授)
パネルセッション:坂村 健、森村 尚登

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://personalmedia.blog36.fc2.com/tb.php/352-146d728e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック