パーソナルメディア株式会社が出展するイベントや注目の新製品、お得なキャンペーンなど、最新情報をお届けします。

iPad用高速PDFリーダー「Smooth Reader Ver. 2.0」のもうひとつの新機能は「立体スクロール機能」です。

並んでいる本の表紙画像を遠近感が付くように立体表示し、それを自動スクロールさせることができます。あたかも本棚に沿って歩いているかのようにして本を見つけ出すことができます。



もちろん従来のようにフリックやスワイプによる画面スクロールもできますが、立体スクロール機能は指を止めたままで画面をスクロールさせることができるので、本棚に大量の書籍が並んでいるときほど威力を発揮します。

ますます便利になったSmooth Reader 2.0で電子書籍ライフを満喫してください!

Available on the App Store

AppStoreでの購入
Smooth Readerの製品ウェブサイト
iPad用高速PDFリーダー「Smooth Reader Ver. 2.0」の新機能の一つは「マルチ棚分類機能」です。

本にタグを貼って、仕切りに区切られた本棚に本を並べられるので、大量の本も効率よく分類整理できるようになりました。
1冊の本に複数のタグを貼って別々の棚に格納しておくこともできます。



ファイルに“棚分類タグ”を貼ると、本棚ではそのタグ名が付いた棚にファイルが並びます。タグは自由に追加・削除でき、1つのファイルに何枚でもタグを貼れます。たくさんのファイルを、様々な視点で分類整理できます。

新しく取り込んだファイルには「◆新着」というタグが、最近読んだ本には「◆最近読んだ本」というタグが自動的に貼られます。(スマートタグ機能)

大量の本を自炊される方や、電子書籍をまとめ買いしてインストールされる方は、ぜひSmooth Reader 2.0のマルチ棚分類機能を活用してみてください。

Available on the App Store

AppStoreでの購入
Smooth Readerの製品ウェブサイト