パーソナルメディア株式会社が出展するイベントや注目の新製品、お得なキャンペーンなど、最新情報をお届けします。

パーソナルメディアは、漢字の活字字体の典拠『康煕字典』の初版「内府本」のiPad用電子書籍の販売を開始しました。2010年12月に販売された「康煕字典 安永本」に続くシリーズ第2弾です。

「内府本」は日本に数冊しか存在しておらず非常に貴重な資料ですが、本製品では東京大学東洋文化研究所所蔵の内府本の一つである『御製康煕字典』を、オリジナルの装丁のままクリアな画像イメージで再現しています。

中国の「清(しん)」の時代に四代皇帝康煕帝が作らせた「内府本」と、江戸時代に日本で翻刻(ほんこく)された安永本とを比較してみるのも面白いでしょう。ぜひ安永本とともにお買い求めください。

康煕字典内府本Available on the App Store

康煕字典安永本Available on the App Store

漢字の活字字体の典拠『康煕字典』の初版「内府本」のiPad用電子書籍を新発売 プレスリリース
康煕字典 内府本 - パーソナルメディア書籍サイト
康煕字典 安永本 - パーソナルメディア書籍サイト
iPad用電子書籍リーダーアプリ「Smooth Reader」のバージョンアップ版がApp Storeにて公開されました。

見開き2ページ表示

Version 1.2では、
・見開き2ページのときの1ページめくり機能
・見開き設定とページめくり方向のデフォルト値の改善
・見開き2ページ表示で閲覧しているときに、書籍の奇数偶数ページの配置を切り替えるボタンの新設
など、見開き2ページ表示の可読性や操作性を重視した機能改善を行いました。

また、本棚の一覧表示の際に、ページ数、著者名(PDFプロパティから引用)が表示されるようになりました。

Smooth Readerの新機能をぜひご利用ください!

Available on the App Store

App Storeでの購入「Smooth Reader」
Smooth Readerの製品ウェブサイト

T-Kernel 2.0リファレンスキット

パーソナルメディアは、T-Kernel 2.0対応製品の第2弾「T-Kernel 2.0リファレンスキット」を好評発売中です。

本製品はT-Engineフォーラム認定のT-Kernel 2.0ソースコード動作対象ボード「T-Engineリファレンスボード」を含む開発評価キットです。ハードウェアの他に、製品版T-Kernel「PMC T-Kernel 2.0」や各種ドライバ、ミドルウェア、開発環境がワンパッケージになっています。

標準付属のタッチパネルを使って、工場での機器制御や情報表示端末、住宅やビルの設備機器、券売機や電子マネー決済の操作端末、GUIやハードウェア制御を含む組込みプログラミングの実習用教材など、幅広い用途で利用可能です。

またT-Engineフォーラムから公開されているT-Kernel 2.0がそのまま動作しますので、オープンソース版T-Kernel 2.0の評価にもご利用いただけます。

標準価格は89,250円(本体価格85,000円)です。当社ウェブショップよりお求めください。