インフォメーション

ここでは、「インフォメーション」 に関する記事を紹介しています。

坂村健教授が会長を務める公共交通オープンデータ協議会は、世界一複雑とも言われる「東京」の公共交通を、訪日外国人の方、障碍を持つ方、高齢者の方を含む、誰もがスムーズに乗りこなせるようにすることを目指し、公共交通関連データのオープン化を進めています。

2018年7月17日より「第2回 東京公共交通オープンデータチャレンジ」がスタートしました。世界中から多種多様な国籍、年齢、職業、身体特性の方が訪れる2020年に向け、「東京」を応援するアプリケーションやアイデアを世界中から募集しています。

odpt2.png

2017年12月から2018年3月にかけて開催された第1回のチャレンジには、世界中から1,000件近いユーザエントリーと約100件の応募がありました。
第1回チャレンジの審査結果

今回から国土交通省が共催に加わったことにより、国土交通省が整備している新宿駅や東京駅周辺の主要駅のシームレスな地図データも本コンテストで利用できることになりました。データは9月下旬に公開予定とのことで、先に公開されている鉄道、バス、航空各社の静的・動的データや、パートナーが提供するさまざまなオープンデータとの連携も可能になります。

応募期間は2019年1月15日まで。詳しくは「第2回 東京公共交通オープンデータチャレンジ」をご覧ください。

●主 催
公共交通オープンデータ協議会

●共 催
INIAD cHUB(東洋大学情報連携学部 学術実業連携機構)/東京大学大学院情報学環ユビキタス情報社会基盤研究センター/国土交通省

●特別協力
東京地下鉄株式会社/東京都交通局/東日本旅客鉄道株式会社/YRP ユビキタス・ネットワーキング研究所

●スケジュール
コンテスト実施期間:2018年7月17日~2019年3月31日
応募期間:2018年7月17日~2019年1月15日
結果発表・表彰式:2019年3月(予定)

●表 彰
最優秀賞:100万円
優秀賞:20万円 × 4本
審査員特別賞:5万円 × 4本
そのほか、協力企業からの特別賞も表彰予定です。

●詳細情報
https://tokyochallenge.odpt.org/

パーソナルメディアは『MICHIKO 2018 ワタシテキ ――佐藤倫子写真集』を6月19日より販売開始いたします。
本書は、ニコン「THE GALLERY」企画による写真展「MICHIKO 2018 ワタシテキ」の図録です。

写真集は、全国の書店、販売店、ネット書店でご購入いただけるほか、写真展会場にて販売しております。
本書の詳しい情報は、 パーソナルメディア書籍サイト:MICHIKO 2018 ワタシテキをご覧ください。

339_l_obi.jpg

THE GALLERY企画展 佐藤倫子写真展「MICHIKO 2018 ワタシテキ」

写真展では、佐藤倫子氏の写真が人工知能によって分類して配置されていたり、スマホアプリ「ココシル」のARカメラを使って写真のコメントを閲覧できたりするなど、総合プロデュースの坂村教授のアイデアが盛り込まれています。

会場:新宿 THE GALLERY 1+2・大阪 THE GALLERY
会期:2018年6月19日(火)~7月9日(月) 新宿 THE GALLERY 1+2
   2018年7月19日(木)~8月1日(水) 大阪 THE GALLERY
総合プロデュース:坂村 健


また、6月23日には、佐藤倫子氏と坂村健教授が写真展会場で展示作品について語りつくすトークイベントが開催されます。

佐藤倫子×坂村 健 トークイベント

日時:2018年6月23日(土)14:00~
会場:新宿 THE GALLERY 1

いずれも入場無料です。皆様のご来場をお待ちしております。

m05.jpg

m07.jpg

333_l.jpg

◆東京公共交通オープンデータチャレンジ

2020年東京オリンピック・パラリンピックを控え、ますます急増する訪日客は、世界一複雑と言われる首都圏の公共交通網を利用します。
坂村健TRONプロジェクトリーダーが会長を務める公共交通オープンデータ協議会は、2012年のロンドン大会、2016年のリオデジャネイロ大会を上回るオープンデータ環境を構築すべく「東京公共交通オープンデータチャレンジ」を開催しました。約3か月という短い応募期間にもかかわらず、世界中から合計824名のユーザ登録と98件の応募がありました。
本号では、5月15日に東洋大学赤羽台キャンパスにて開催された結果発表と表彰式の模様をお届けします。

そのほか、3月20日に開催された第2回情報まちづくりセミナーの開催報告や、文部科学省が実施する社会人ITエンジニアの再教育プロジェクト「enPiT-Pro」に採択された「Open IoT教育」プログラムの体験セミナーなどを掲載しています。

TRONWAREは全国の書店、販売店のほか、当社ウェブショップでもお買い求めいただけます。また、当社ウェブショップ限定で電子書籍のPDF版を発売しております。紙書籍とPDF版のお得なセット版もございます。

パーソナルメディア書籍サイト:TRONWARE VOL.171
http://www.personal-media.co.jp/book/tw/tw_index/333.html
システムの科学 第3版』が日本経済新聞(2018年6月2日付朝刊)読書面「リーダーの本棚」で紹介されました。
※電子版に会員登録することにより全文をご覧いただけます。

防災科学技術研究所理事長 林春男氏の「座右の書」として、本書を選んでいただきました。

「ハーバード・サイモン著『システムの科学』は独特の人間観と視野の幅広さに驚かされます。科学は自然を超えて経済、企業などの「人工物」までを対象とすべきだと説いています。防災は自然現象ではなく、社会現象として扱うべきだという僕の主張とも一致する。何かに迷うたびに読み直したので、同じ本が手元に4冊あります。」


システムの科学 第3版』は全国の書店、販売店、オンライン書店でお買い求めいただけます。また、各電子書店サイトで電子書籍版を発売しております。
ぜひ不朽の名著をご一読ください!

システムの科学 第3版_l.jpg

⇒『システムの科学 第3版
ハーバート・A・サイモン 著
稲葉 元吉、吉原 英樹 訳
本体価格 2,000円+税
ISBN 978-4-89362-167-2

Suica、PASMO、EdyなどFeliCa仕様のICカードをタッチして出席を管理する「eタッチレコーダー」では、ユーザー様の導入事例を紹介しています。

今回は、TOEFL/TOEIC/IELTS対策専門の語学学校を運営するイングリッシュイノベーションズ株式会社様にご登場いただきました。

eタッチレコーダー導入事例 : イングリッシュイノベーションズ株式会社様

●新宿校 生徒250名の出席管理で導入
●正確な出席状況の把握が可能になり、業務効率改善に大きく貢献

eタッチレコーダー導入事例 イングリッシュイノベーションズ株式会社様 利用イメージ

eタッチレコーダー導入事例 アズビル株式会社様 教室風景

学習塾や習い事の教室、カルチャースクールなど、生徒さんの出席管理でお困りの方はぜひご覧ください。

314_l.jpg

◆Open IoT教育プログラム

坂村健TRONプロジェクトリーダーが学部長を務めるINIAD(東洋大学情報連携学部)は、文部科学省が実施する社会人ITエンジニアの再教育プロジェクト「enPiT-Pro」に「Open IoT教育」プログラムを提案し、採択されました。東洋大学、東京大学、横浜国立大学、名古屋大学、名城大学の連携5校によるオンライン講義と各大学キャンパスでの集中演習が6か月にわたって実施されます。

今号では、開講に先立って開催された「Open IoT教育シンポジウム」の模様と、プログラム参加校の講師による誌上セミナーを掲載いたしました。

そのほか、本年2月~3月にかけて東京都内で実施されたおもてなし実証実験モニターの参加レポートや、IoT技術を活用した応用製品やソリューションなど、最新の技術動向をご紹介いたします。

TRONWAREは全国の書店、販売店のほか、当社ウェブショップでもお買い求めいただけます。また、当社ウェブショップ限定で電子書籍のPDF版を発売しております。紙書籍とPDF版のお得なセット版もございます。

パーソナルメディア書籍サイト:TRONWARE VOL.170
http://www.personal-media.co.jp/book/tw/tw_index/314.html
5月9日(水)から東京ビッグサイトで開催される情報セキュリティEXPOの自立支援センターむく様のブースで、ディスクシュレッダー5のデモンストレーションを実施します。
DVD-ROM版のほか、新しく加わったUSBメモリ版によるデータ消去をご覧いただけます。ぜひとも会場で、デザインが一新された操作画面をお確かめください。

◆出展製品
ディスクシュレッダー6

◆会期
2018年5月9日(水)~5月11日(金)
10:00~18:00 [12日のみ17:00終了]

◆会場
自立支援センターむく様ブース 東ホール
小間番号 【東41-35】

◇ご招待券
入場が無料になる招待券をご用意しております。
ご希望の方にお送りいたしますので、
当社営業部までお知らせください。

情報セキュリティEXPO 公式ページ
※公式ページからも招待券のお申込みができます。

■自立支援センターむく様
ディスクシュレッダー導入事例

みなさまのご来場を心よりお待ち申し上げております。
HDDの一般的なデータ消去の方法としては「物理破壊」「磁気破壊」「上書き消去」の3つが知られています。

「上書き消去」はソフトウェアによる消去方法で、パーソナルメディアが販売する「ディスクシュレッダー」でも用いられています。

「物理破壊」も「磁気破壊」もその名の通り、HDDを壊して使えなくしてしまうので、その点で安心という声をよく聞きます。たしかに、HDDに穴があいたりしてると、使えないのは一目瞭然ですので説得力があります。

では、消去ソフトの「上書き消去」には、どのようなメリットがあるでしょうか?ここでは、他の消去方法と比較しながら考えてみたいと思います。

●環境にやさしい
破壊しませんので、HDDの再利用が可能です。廃棄物を排出しないのは「上書き消去」だけです。

●手間なし
ディスクシュレッダーの場合、わずか数回のキー操作で消去がはじまります。HDDをPCから取り外す必要がなく、PC内蔵のまま消去が可能ですので、手間いらずです。

●低コスト
「物理破壊」も「磁気破壊」も専用装置を導入するとなると数十万円もします。一方、消去ソフトは、企業ユースでも数万円程度、個人ユースだと数千円で入手可能ですので、コスト面で消去ソフト(上書き消去)はかなり有利といえます。

同じデータ消去でも「物理破壊」「磁気破壊」とは大きな違いがあることがお分かりいただけたのではないでしょうか。

各消去方式のデメリット、メリットの比較など、より詳細な解説が下記ページにございますので、この機会にぜひご覧ください。

消去ソフトのメリットって何?
http://www.disksh.com/ds/miniinfo.html#6
313_l.jpg

◆2017 TRON Symposium ―AI + Open Data + IoT = 未来―

今号は、2017年12月13日(水)から3日間にわたり開催された、2017 TRON Symposium ― TRONSHOW― の模様を特集でご報告します。

展示会場では「AI + Open Data + IoT = 未来」をテーマに、TRONプロジェクトの最新の成果が披露されました。

講演会場では、坂村健プロジェクトリーダーの基調講演をはじめ、たくさんのセッションが企画され、闊達な議論が繰り広げられました。とりわけ、オープンデータを使った企業や自治体のさまざまな取り組みや、μT-Kernel 2.0 がIEEE標準仕様として規格化される動きなどが注目を集めました。

また、12月16日(土)に開催されたTRONイネーブルウェアシンポジウム TEPS 30は、「IoT時代のボランティア」と題し、歩行者移動支援のためのバリアフリーマップ作成の取り組みが紹介されるなど、IoTやAIを活用したボランティア活動のあり方が議論されました。

TRONWAREは全国の書店、販売店のほか、当社ウェブショップでもお買い求めいただけます。また、当社ウェブショップ限定で電子書籍のPDF版を発売しております。紙書籍とPDF版のお得なセット版もございます。

パーソナルメディア書籍サイト:TRONWARE VOL.169
http://www.personal-media.co.jp/book/tw/tw_index/313.html

DS6優待キャンペーン3月31日まで

ディスクシュレッダー6では、発売を記念して期間限定で特別価格のキャンペーンを実施中です。この機会をどうぞお見逃しなく!

キャンペーン期間
2018年3月31日(土)まで

ご購入はキャンペーンサイトまたはお取引のある販売会社様へ