インフォメーション

ここでは、「インフォメーション」 に関する記事を紹介しています。

Suica、PASMO、EdyなどFeliCa仕様のICカードをタッチして出席を管理する「eタッチレコーダー」では、ユーザー様の導入事例を紹介しています。

今回は、TOEFL/TOEIC/IELTS対策専門の語学学校を運営するイングリッシュイノベーションズ株式会社様にご登場いただきました。

eタッチレコーダー導入事例 : イングリッシュイノベーションズ株式会社様

●新宿校 生徒250名の出席管理で導入
●正確な出席状況の把握が可能になり、業務効率改善に大きく貢献

eタッチレコーダー導入事例 イングリッシュイノベーションズ株式会社様 利用イメージ

eタッチレコーダー導入事例 アズビル株式会社様 教室風景

学習塾や習い事の教室、カルチャースクールなど、生徒さんの出席管理でお困りの方はぜひご覧ください。

314_l.jpg

◆Open IoT教育プログラム

坂村健TRONプロジェクトリーダーが学部長を務めるINIAD(東洋大学情報連携学部)は、文部科学省が実施する社会人ITエンジニアの再教育プロジェクト「enPiT-Pro」に「Open IoT教育」プログラムを提案し、採択されました。東洋大学、東京大学、横浜国立大学、名古屋大学、名城大学の連携5校によるオンライン講義と各大学キャンパスでの集中演習が6か月にわたって実施されます。

今号では、開講に先立って開催された「Open IoT教育シンポジウム」の模様と、プログラム参加校の講師による誌上セミナーを掲載いたしました。

そのほか、本年2月~3月にかけて東京都内で実施されたおもてなし実証実験モニターの参加レポートや、IoT技術を活用した応用製品やソリューションなど、最新の技術動向をご紹介いたします。

TRONWAREは全国の書店、販売店のほか、当社ウェブショップでもお買い求めいただけます。また、当社ウェブショップ限定で電子書籍のPDF版を発売しております。紙書籍とPDF版のお得なセット版もございます。

パーソナルメディア書籍サイト:TRONWARE VOL.170
http://www.personal-media.co.jp/book/tw/tw_index/314.html
5月9日(水)から東京ビッグサイトで開催される情報セキュリティEXPOの自立支援センターむく様のブースで、ディスクシュレッダー5のデモンストレーションを実施します。
DVD-ROM版のほか、新しく加わったUSBメモリ版によるデータ消去をご覧いただけます。ぜひとも会場で、デザインが一新された操作画面をお確かめください。

◆出展製品
ディスクシュレッダー6

◆会期
2018年5月9日(水)~5月11日(金)
10:00~18:00 [12日のみ17:00終了]

◆会場
自立支援センターむく様ブース 東ホール
小間番号 【東41-35】

◇ご招待券
入場が無料になる招待券をご用意しております。
ご希望の方にお送りいたしますので、
当社営業部までお知らせください。

情報セキュリティEXPO 公式ページ
※公式ページからも招待券のお申込みができます。

■自立支援センターむく様
ディスクシュレッダー導入事例

みなさまのご来場を心よりお待ち申し上げております。
HDDの一般的なデータ消去の方法としては「物理破壊」「磁気破壊」「上書き消去」の3つが知られています。

「上書き消去」はソフトウェアによる消去方法で、パーソナルメディアが販売する「ディスクシュレッダー」でも用いられています。

「物理破壊」も「磁気破壊」もその名の通り、HDDを壊して使えなくしてしまうので、その点で安心という声をよく聞きます。たしかに、HDDに穴があいたりしてると、使えないのは一目瞭然ですので説得力があります。

では、消去ソフトの「上書き消去」には、どのようなメリットがあるでしょうか?ここでは、他の消去方法と比較しながら考えてみたいと思います。

●環境にやさしい
破壊しませんので、HDDの再利用が可能です。廃棄物を排出しないのは「上書き消去」だけです。

●手間なし
ディスクシュレッダーの場合、わずか数回のキー操作で消去がはじまります。HDDをPCから取り外す必要がなく、PC内蔵のまま消去が可能ですので、手間いらずです。

●低コスト
「物理破壊」も「磁気破壊」も専用装置を導入するとなると数十万円もします。一方、消去ソフトは、企業ユースでも数万円程度、個人ユースだと数千円で入手可能ですので、コスト面で消去ソフト(上書き消去)はかなり有利といえます。

同じデータ消去でも「物理破壊」「磁気破壊」とは大きな違いがあることがお分かりいただけたのではないでしょうか。

各消去方式のデメリット、メリットの比較など、より詳細な解説が下記ページにございますので、この機会にぜひご覧ください。

消去ソフトのメリットって何?
http://www.disksh.com/ds/miniinfo.html#6
313_l.jpg

◆2017 TRON Symposium ―AI + Open Data + IoT = 未来―

今号は、2017年12月13日(水)から3日間にわたり開催された、2017 TRON Symposium ― TRONSHOW― の模様を特集でご報告します。

展示会場では「AI + Open Data + IoT = 未来」をテーマに、TRONプロジェクトの最新の成果が披露されました。

講演会場では、坂村健プロジェクトリーダーの基調講演をはじめ、たくさんのセッションが企画され、闊達な議論が繰り広げられました。とりわけ、オープンデータを使った企業や自治体のさまざまな取り組みや、μT-Kernel 2.0 がIEEE標準仕様として規格化される動きなどが注目を集めました。

また、12月16日(土)に開催されたTRONイネーブルウェアシンポジウム TEPS 30は、「IoT時代のボランティア」と題し、歩行者移動支援のためのバリアフリーマップ作成の取り組みが紹介されるなど、IoTやAIを活用したボランティア活動のあり方が議論されました。

TRONWAREは全国の書店、販売店のほか、当社ウェブショップでもお買い求めいただけます。また、当社ウェブショップ限定で電子書籍のPDF版を発売しております。紙書籍とPDF版のお得なセット版もございます。

パーソナルメディア書籍サイト:TRONWARE VOL.169
http://www.personal-media.co.jp/book/tw/tw_index/313.html

DS6優待キャンペーン3月31日まで

ディスクシュレッダー6では、発売を記念して期間限定で特別価格のキャンペーンを実施中です。この機会をどうぞお見逃しなく!

キャンペーン期間
2018年3月31日(土)まで

ご購入はキャンペーンサイトまたはお取引のある販売会社様へ
おかげさまで、2017 TRON Symposiumは無事終了いたしました。
パーソナルメディア・ブースにも、たくさんの方々にご来場いただき、誠にありがとうございました。

2017 TRON Symposium パーソナルメディア・ブース

パーソナルメディア・ブースの展示の様子を当社ウェブサイトでも公開していますので、合わせてご覧下さい。

2017 TRON Symposium(TRONSHOW)に出展

パーソナルメディアブースでは、今年もTRON関連製品や書籍の特価販売を行います!

◆会場特価商品
超漢字V 通常価格19,440円→会場特価!
・会場内で販売するすべてのTRONWARE 定価1,296円→会場特価!

気になる価格は会場でお確かめください☆
数量に限りのある商品もございます。お早めにお求めくださいますようお願いいたします。
312_l.jpg

◆2017 TRON Symposium プレビュー

特集は、2017年12月13日(水)から3日間にわたり開催される、2017 TRON Symposium – TRONSHOW – のプレビューです。会場では、「AI + Open Data + IoT = 未来」をテーマに、TRONプロジェクトの最新の成果をご覧いただけます。誌面にて、出展企業による製品紹介と、期間中に開催されるさまざまなセッションをご案内しています。

◆オープンデータの取り組み

10月に北海道で開催された「オープンデータシンポジウム2017」では、「官民データ活用推進基本法とオープンデータ」をテーマに、自治体におけるオープンデータ化の重要性が議論されました。坂村VLED理事長の基調講演も交え、レポートします。
また、昨年に続き開催された「フレームワークス 次世代ロジスティクスオープンデータ活用コンテスト」の表彰式の模様をご紹介しています。

◆大学院における社会人の学び直し「INIADで何ができるか」

2017年4月に開設されたINIADの大学院(東洋大学大学院 情報連携学研究科)では、社会人の学び直しを積極的に支援しています。10月には大学院での学び直しについて、講演会とキャンパスツアーが実施されました。社会人が大学院で学ぶことの意義を、学部長自ら語っています。

TRONWAREは全国の書店、販売店のほか、当社ウェブショップでもお買い求めいただけます。また、当社ウェブショップ限定で電子書籍のPDF版を発売しております。紙書籍とPDF版のお得なセット版もございます。

なお、2017 TRON Symposium(TRONSHOW)パーソナルメディアブース(ブースNo: A-5)では、12月13日(水)から15日(金)の3日間、TRONWARE VOL.168を会場限定特価で先行販売いたします。
ぜひこの機会にお買い求めください!

2017 TRON Symposium(TRONSHOW)
~AI+オープンデータ+IoT=未来~

会期 2017年12月13日(水)~15日(金)
時間 10:00~17:00
会場 東京ミッドタウン ホール(Midtown East B1)
<パーソナルメディア ブースNO. A-5>

パーソナルメディア書籍サイト:TRONWARE VOL.168
http://www.personal-media.co.jp/book/tw/tw_index/312.html

※2017年より『TRONWARE』の発売日は、偶数月5日から偶数月15日に変更しました。
パーソナルメディアは「2017 TRON Symposium(TRONSHOW) ~AI+オープンデータ+IoT=未来~」に出展いたします。今後イベントブログにて、展示内容や最新情報をお伝えしていきますので、どうぞお楽しみに!

2017 TRON Symposium(TRONSHOW) ~AI+オープンデータ+IoT=未来~
会期 2017年12月13日(水)~15日(金)
時間 10:00~17:00
会場 東京ミッドタウン ホール(Midtown East B1)
<パーソナルメディア ブースNO. A-5>


2017 TRON Symposium