fc2ブログ

展示内容紹介

ここでは、「展示内容紹介」 に関する記事を紹介しています。

2021 TRON Symposium(TRONSHOW)パーソナルメディアブース(ブースNo: A2)では、「PMC T-Kernel 3.0」をすぐに動かして開発や評価を行いたいというお客様のための、市販の評価ボードで動作する「PMC T-Kernel 3.0評価キット」のデモンストレーションを行います。

本製品は、TCP/IPなどのミドルウェアやデバイスドライバ、Eclipseベースの開発環境が付属したSDK付きの開発評価キットであり、NXP i.MX7 Dual SABRE 評価ボード上で動作します。製品の詳細を担当員がご説明いたしますので、是非当社ブースまでお越しください。

PMC T-Kernel 3.0評価キット2

2021 TRON Symposium(TRONSHOW)パーソナルメディアブース(ブースNo: A2)では、IoTエッジノード向け世界標準OSの仕様「IEEE 2050-2018」と、TRON系リアルタイムOSの最新版「μT-Kernel 3.0」の両方の仕様に完全準拠したマルチコア対応RTOSの最新版「PMC T-Kernel 3.0」のデモンストレーションを行います。

本製品は、T-Kernelの20年の開発ノウハウを集約した最新版のリアルタイムOSです。当社が製品化したT-Kernelである「PMC T-Kernel」のこれまでの多くの実績をベースに、「IEEE 2050-2018」や「μT-Kernel 3.0」の仕様に準拠しつつマルチコア対応機能などの大幅な機能強化を行い、より高性能な組込み機器やIoTエッジノードを効率よく開発することができます。製品の詳細を担当員がご説明いたしますので、是非当社ブースまでお越しください。


PMC T-Kernel 3.0

2021 TRON Symposium(TRONSHOW)パーソナルメディアブース(ブースNo: A2)では、「基盤技術」「応用技術」「教育」の3本の柱を中心として、パーソナルメディアの提供するWithコロナ時代のIoTソリューションをご紹介します。

tw192ad

2020 TRON Symposium(TRONSHOW)パーソナルメディアブース(ブースNo: A3)では、Web画面の入力時に読めない漢字や異体字をすばやく検索してWebアプリに入力できる「超漢字検索winMJ」を、業務用のソフトウェアパッケージとして2021年3月1日から発売開始します。

本製品は、人名用の珍しい漢字や異体字を含めた約5万の漢字を検索して、住民票や戸籍の管理、会員名簿データベースなどの業務用Webアプリの画面に入力することができます。名簿の作成や電子政府の端末操作などの場面における作業負荷を軽減し、入力ミスを防ぎます。製品の詳細を担当員がご説明いたしますので、是非当社ブースまでお越しください。


超漢字検索winMJ

2020 TRON Symposium(TRONSHOW)パーソナルメディアブース(ブースNo: A3)では、IoTエッジノード向け世界標準OS「IEEE 2050-2018」で組込み機器の開発をマスターできる「μT-Kernel 3.0」の教材セット「μT-Kerne l 3.0教育&実習パッケージ」のデモンストレーションを行います。

本製品は、IoTエッジノード向け世界標準OSの仕様「IEEE 2050-2018」に完全準拠したµT-Kernel 3.0を使って、IoTエッジノードの
開発に必要な知識やプログラミングのスキルを習得できる教材セットです。教材はすべて電子的に提供されるため、実行用ボードを使って在宅でのプログラミング実習を行いながら、オンライン授業を行うことも可能です。また日本語が分からない海外の学生やエンジニア向けに英語版をご提供します。製品の詳細を担当員がご説明いたしますので、是非当社ブースまでお越しください。


μT-Kerne l 3.0教育&実習パッケージ

2020 TRON Symposium(TRONSHOW)パーソナルメディアブース(ブースNo: A3)では、Withコロナ時代の非接触ソリューションをすばやく提供できる「スマートIoTコントローラ」のデモンストレーションを行います。

本製品は、スマートフォンなどのブラウザの画面から、IoT-Engineを使った各種の機器を制御するためのIoTソフトウェアです。ドアの施錠/解錠や照明、空調のON/OFFなど、実際の機器やスイッチを自分の手で直接触ることなく操作できる「非接触ソリューション」をご提供します。また、標準プラットフォームであるIoT-Engineを使うことによって、開発期間や開発コストを大幅に圧縮できるというメリットがあります。製品の詳細を担当員がご説明いたしますので、是非当社ブースまでお越しください。


スマートIoTコントローラ

パーソナルメディアブースでは、今年も書籍の特価販売を行います!

◆会場特価商品
・会場内で販売するすべてのTRONWARE 定価1,320円→会場特価!
科学道100冊2019選定記念『システムの科学 第3版』定価2,200円→会場特価!
・その他TRON関連書籍など...

対象商品と気になる価格は会場でお確かめください☆
数量限定の商品もございます。お早めにお求めくださいますようお願いいたします。
2019 TRON Symposium(TRONSHOW)パーソナルメディアブース(ブースNo: A13)では、IoTエッジノード向け世界標準OS「IEEE 2050-2018」で組込み機器の開発をマスターできる「μT-Kernel 3.0」の教材セット「μT-Kerne l 3.0教育&実習パッケージ」のデモンストレーションを行います。

μT-Kerne l 3.0教育&実習パッケージ

本製品は、組込み教育で実績のある当社の「リアルタイムOS 教育&実習パッケージ」をベースに、実行用のリアルタイムOSとして「μT-Kernel 3.0」を採用し、IoTの応用システムやIoT関連機器の開発にも対応したものです。リアルタイムOSの基礎から実践的な組込みシステムまで、IoTエッジノードの開発に必要な知識を体系的に修得できます。製品の詳細を担当員がご説明いたしますので、是非当社ブースまでお越しください。

2019 TRON Symposium(TRONSHOW)パーソナルメディアブース(ブースNo: A13)では、「基盤技術」「応用技術」「教育」の3本の柱を中心として、パーソナルメディアの提供するIoTソリューションをご紹介します。

PMCブースA13
※パーソナルメディアブースは No: A13 です。


IoTソリューション
※パーソナルメディアのIoTソリューションは
 「基盤技術」「応用技術」「教育」の3本の柱が中心です。

2018 TRON Symposium(TRONSHOW)パーソナルメディアブース(ブースNo: A-9)では、IoTエッジノード向けOSのIEEE世界標準仕様に準拠した「μT-Kernel 3.0」の開発評価キット「μT-Kernel 3.0リファレンスキット」のデモンストレーションを行います。

μT-Kernel 3.0リファレンスキット

本製品は、IEEE(米国電気電子学会)がIoTエッジノード向けOSの世界標準として仕様を定めた「IEEE 2050™-2018」準拠のリアル
タイムOS「µT-Kernel 3.0」を、トロンフォーラム認定のT-Engineリファレンスボードに実装しました。 TCP/IPなどのミドルウェアやデバイスドライバ、開発環境(SDK)が付属しており、すぐに開発評価を始められるワンストップパッケージです。製品の詳細を担当員がご説明いたしますので、是非当社ブースまでお越しください。