fc2ブログ
パーソナルメディア株式会社が出展するイベントや注目の新製品、お得なキャンペーンなど、最新情報をお届けします。

ITreview Grid Award 2024 Spring受賞バナー

ディスクシュレッダーが、IT製品レビューサイト「ITreview」のデータ消去部門において、満足度と認知度が優れた製品として評価され、 ITreview Grid Award 2024 Spring で Leader を受賞しました。

ITreview Grid Award 2024 Spring データ消去部門
https://www.itreview.jp/award/2024_spring/data-eraser.html

2019 Summerの初受賞以来、20期連続の受賞です。投稿いただいたみなさま、ほんとうにありがとうございました。
383_l.jpg


◆特集:環境芸術学会 学会大賞
 記念講演「ヴィジョンとしてのTRON」

TRONプロジェクトリーダーの坂村健教授が2023年度環境芸術学会大賞を受賞し、2023年12月10日に環境芸術学会第24回大会の会場である東京工科大学蒲田キャンパスで記念講演会と授与式が開催されました。
受賞記念講演会で坂村教授は、「ヴィジョンとしてのTRON」と題して、これまでのTRONプロジェクトでのデザイン活動について紹介しました。
特集では、その記念講演の内容を一部再編集して採録しました。40年にわたる豊富な実例を通して、環境デザインの新しい可能性とテクノロジーの役割に焦点を当て、受賞に至るまでの坂村デザインを総括していますので、ぜひご一読ください。

◆歩行空間DX研究会シンポジウム

2024年1月16日、国土交通省は2023年6月に発足した「人・ロボットの移動円滑化のための歩行空間DX研究会」の活動として、「第1回 歩行空間DX研究会シンポジウム」を東洋大学赤羽台キャンパスINIADホールで開催しました。
第1部のプロジェクト紹介・プレゼンテーションでは、坂村教授から本研究会への期待の言葉が述べられたほか、本研究会の意義やワーキンググループの取り組みが紹介されました。
第2部は坂村教授がコーディネータを務め、『「持続可能」な移動支援サービスの普及・展開に向けて』をテーマにパネルディスカッションが行われました。

◆地方公共団体のDXを推進するVLEDの活動

一般社団法人デジタル地方創生推進機構(VLED:ヴイレッド、理事長:坂村健)は、2014年に、地方公共団体などが保有するデータを、オープンデータ化することを促進するために設立されました。
現在は、オープンデータだけでなく、広くDX全般に活動範囲を広げ、政府、地方公共団体、民間関係者、IT業界、住民の方々との連携も深める組織として、活動を進めています。
本記事では、VLEDの最新の活動内容について紹介しています。

◆TRONプログラミングコンテストに応募しよう
 ~新しいBSP(ボードサポートパッケージ)を使いこなす

TRONプログラミングコンテストは、マイコンメーカー各社の協力のもと、トロンフォーラムの主催で行われています。
コンテストは「RTOSアプリケーション部門」、「RTOSミドルウェア部門」、「開発環境・ツール部門」の三部門に分かれており、そのうち「RTOSアプリケーション部門」は一般部門と学生部門でそれぞれ審査を行います。賞金総額は500万円で、部門ごとに最優秀賞、優秀賞、特別賞が設けられます。
コンテスト対象のマイコンボードに対して、トロンフォーラムからリアルタイムOS「μT-Kernel 3.0」を簡単に市販ボードで実行できるパッケージ「μT-Kernel 3.0 BSP2」がGitHubにて公開されました。
本記事では、μT-Kernel 3.0 BSP2についても具体的に解説しています。

TRONプログラミングコンテスト
https://www.tron.org/ja/programming_contest/


『TRONWARE VOL.206』は、4月15日に紙書籍版と電子書籍版(PDF版、電子書店版)が同時発売予定です。
紙書籍版は、全国の書店、販売店、オンライン書店にて、電子書店版は各電子書店サイトにてお買い求めいただけます。
PDF版、紙書籍とPDFのセット版は、4月15日よりパーソナルメディアウェブショップでの販売となります。

またTRONプロジェクトの「今」がわかるウェブマガジン「TRONWAREオンライン」では、書籍版の発売日にあわせ、最新号の主要記事の概要を無料で公開するほか、坂村編集長による「プロジェクトリーダーから」と「編集後記」を全文掲載しています。


パーソナルメディア書籍サイト:TRONWARE VOL.206
https://www.personal-media.co.jp/book/tw/tw_index/383.html


382_l.jpg

◆特集:2023 TRON Symposium―TRONSHOW―

特集は、2023年12月6日から12月8日の3日間にかけて東京ミッドタウンで開催された「2023 TRON Symposium-TRONSHOW-」の詳報です。

今回のメインテーマは「DX2GX──ICTで描く、カーボンニュートラルの未来」。
坂村健教授の基調講演では、世界中で重要視されるDX(デジタルトランスフォーメーション)とGX(グリーントランスフォーメーション)を全体最適で進めていくためのさまざまな技術や課題が紹介されました。さらに、昨今躍進的に進化する生成系AIに注目し、TRONプロジェクトにおけるAI活用の可能性が論じられました。

講演・セッションでは、さまざまなオープンデータ連携の応用などの各プロジェクトの具体的な取り組みの現状、生成系AIやAPN(All-Photonics Network)の応用普及を目指すIOWNなどの最新技術の動向などが紹介されました。
展示会場では、組込みシステム、IoT、AI、オープンデータに関する最先端の各社展示・研究発表、ミニセミナーが行われました。


『TRONWARE VOL.205』は、2月15日に紙書籍版と電子書籍版(PDF版、電子書店版)が同時発売予定です。
紙書籍版は、全国の書店、販売店、オンライン書店にて、電子書店版は各電子書店サイトにてお買い求めいただけます。
PDF版、紙書籍とPDFのセット版は、2月15日よりパーソナルメディアウェブショップでの販売となります。
   
またTRONプロジェクトの「今」がわかるウェブマガジン「TRONWAREオンライン」では、書籍版の発売日にあわせ、最新号の主要記事の概要を無料で公開するほか、坂村編集長による「プロジェクトリーダーから」と「編集後記」を全文掲載しています。


パーソナルメディア書籍サイト:TRONWARE VOL.205
https://www.personal-media.co.jp/book/tw/tw_index/382.html


ITreview Grid Award 2024 Winter受賞バナー

ディスクシュレッダーが、IT製品レビューサイト「ITreview」のデータ消去部門において、満足度と認知度が優れた製品として評価され、 ITreview Grid Award 2024 Winter で Leader を受賞しました。

ITreview Grid Award 2024 Winter データ消去部門
https://www.itreview.jp/award/2024_winter/data-eraser.html

2019 Summerの初受賞以来、19期連続の受賞です。投稿いただいたみなさま、ほんとうにありがとうございました。
ts2023_books.png

2023 TRON Symposium(TRONSHOW)パーソナルメディアブース(ブースNo: A-2)では、12月6日(水)から8日(金)の3日間、『未来省』や「TRONWARE VOL.204」など、話題の書籍を会場限定特価で販売いたします。


◆『未来省
〈火星三部作〉のキム・スタンリー・ロビンスンが描く、現代から2050年代までの気候危機をめぐる近未来SF小説。
2020年10月の発刊以来、 世界中で大きな評判を呼んでいる『The Ministry for the Future』の待望の邦訳版。
『未来省』特設ページ

◆『システムの科学 第3版
人工物の科学はいかにして可能か。知の巨人ハーバート・A・サイモン教授が文明構築の論理を解明する。
2023年度「科学道100冊 傑作選」にも選ばれた名著。

◆『基礎から学ぶ組込みμT-Kernelプログラミング
IoTエッジノード向け世界標準OS「μT-Kernel 3.0」を徹底解説。
リアルタイムOSの基礎からデバイスドライバの開発やOSの移植まで、理解のポイントとプログラム例を分かりやすく説明した入門書の決定版。

◆「TRONWARE VOL.204
「2023 TRON Symposium」プレビューのほか、IEEEマイルストーン記念式典や大和ハウス工業 スマートロジスティクス オープンデータチャレンジ 表彰式の様子をいち早くレポート。


そのほか、「TRONWARE」のバックナンバーやTRON関連書籍を発売予定です。
ぜひこの機会にお買い求めください!

2023 TRON Symposium(TRONSHOW) ~DX2GX──ICTで描く、カーボンニュートラルの未来~
会期 2023年12月6日(水)~8日(金)
時間 10:00~17:00
会場 東京ミッドタウン ホール(Midtown East B1)
<パーソナルメディア ブースNO. A-2>

381_l.jpg

◆特集:2023 TRON Symposiumプレビュー

2023年12月6日(水)~8日(金)に東京ミッドタウンにて2023 TRON Symposium(TRONSHOW)が開催されます。
TRONSHOWでは、「DX2GX──ICTで描く、カーボンニュートラルの未来」をテーマに、さまざまなオープンデータ連携の応用などの各プロジェクトの具体的な取り組みの現状、そして、飛躍的に進歩している生成AIやAPN(All Photonics Network)の応用普及を目指すIOWN(アイオン:Innovative Optical and Wireless Network)などの最新技術の動向などを紹介します。
また、IEEE Consumer Technology Societyの技術協賛を受け、組込みシステム、IoT、AI、オープンデータなどの最先端の各社展示・研究発表を行います。

◆IEEEマイルストーン記念式典

2023年5月に「TRON リアルタイムOS ファミリー」がIEEE(Institute of Electrical and Electronics Engineers:米国電気電子学会)によりIEEEマイルストーンとして認定されましたが、その記念式典として、授賞式と記念講演会、除幕式が2023年10月14日に東京大学のダイワユビキタス学術研究館で開催されました。
式典はすべて英語で進行され、IEEE や東京大学、トロンフォーラムなどの関係者が出席し、挨拶や祝辞のスピーチ、坂村教授による記念講演会が行われました。本記事では出席者各位によるスピーチと記念講演会の内容をご紹介します。
銘板の除幕式は坂村教授とIEEE次期会長のトーマス・コフリン氏の手により行われ、認定銘板はダイワユビキタス学術研究館1階のエントランスホールに恒久展示されています。

◆「大和ハウス工業 スマートロジスティクスオープンデータチャレンジ」表彰式

大和ハウス工業株式会社が主催する「大和ハウス工業 スマートロジスティクス オープンデータチャレンジ」の表彰式が、2023年11月1日に羽田イノベーションシティ内のコングレスクエア羽田で開催されました。
本チャレンジでは、ロジスティードの安全運行管理ソリューション「SSCV-Safety」から得られる、トラックの位置情報、トラックドライ
バーのバイタルデータ、ヒヤリハットに関するデータ・映像などを活用した作品(アプリケーション、ウェブサービスなど)や調査レポート等を募集しました。
チャレンジの有効登録者152名から多様なアプリケーションのアイデアが寄せられ、その中から最優秀賞1作品、優秀賞3作品、そして特別賞1作品が選ばれました。


『TRONWARE VOL.204』は、12月15日に紙書籍版と電子書籍版(PDF版、電子書店版)が同時発売予定です。
紙書籍版は、全国の書店、販売店、オンライン書店にて、電子書店版は各電子書店サイトにてお買い求めいただけます。
PDF版、紙書籍とPDFのセット版は、12月15日よりパーソナルメディアウェブショップでの販売となります。
   
またTRONプロジェクトの「今」がわかるウェブマガジン「TRONWAREオンライン」では、書籍版の発売日にあわせ、最新号の主要記事の概要を無料で公開するほか、坂村編集長による「プロジェクトリーダーから」と「編集後記」を全文掲載しています。

パーソナルメディア書籍サイト:TRONWARE VOL.204
https://www.personal-media.co.jp/book/tw/tw_index/381.html


なお、2023 TRON Symposium(TRONSHOW)パーソナルメディアブース(ブースNo: A-2)では、12月6日(水)から8日(金)の3日間、「TRONWARE VOL.204」を会場限定特価で先行販売いたします。
ぜひこの機会にお買い求めください!

2023 TRON Symposium(TRONSHOW) ~DX2GX──ICTで描く、カーボンニュートラルの未来~
会期 2023年12月6日(水)~8日(金)
時間 10:00~17:00
会場 東京ミッドタウン ホール(Midtown East B1)
<パーソナルメディア ブースNO. A-2>

2023 TRON Symposium(TRONSHOW)パーソナルメディアブース(ブースNo: A-2)では、磁気破壊装置「MagWiper」のデモンストレーションを行います。当社では初の実演となります。

Magwiper
MW-15000X

HDDのデータは、磁気の向きによって記録されています。その磁気の向きを強磁界により全て同じ方向に整えることによってデータを消去します。同じように磁気記録を使用している磁気テープ(LTO、DATなど)、フロッピーディスクのデータ消去も可能です。

フロッピーディスクやテープメディアなど、使わなくなった磁気メディアの処分にお困りの方は必見です。

ぜひとも、ブースにお立ち寄りいただき、磁気破壊装置をご覧ください。
2023 TRON Symposium(TRONSHOW)パーソナルメディアブース(ブースNo: A-2)では、当社製品「超漢字V」から データ交換可能な漢字が大幅に拡大した「超漢字GX」を参考出品します。

超漢字Vで使える18万字以上(重複含む)の漢字のうち、5万字以上の漢字や異体字がWindowsアプリに文字として貼り込むことができます。Unicode IVSやExtension Bに対応し、文字検索小物で文字を色分け表示したり、IVSやMJ番号も表示できます。 文字の画像イメージではなく文字コードの利用によりコンピュータ処理の負荷を削減、CO2削減にも貢献します。ご興味がある方は、是非当社ブースまでお越しください。

超漢字GX
2023 TRON Symposium(TRONSHOW)パーソナルメディアブース(ブースNo: A-2)では、サーバーからの情報漏えいを防止するデータ消去ソフト「サーバーディスクシュレッダー2」のデモンストレーションを行います。

サーバーディスクシュレッダー2

会場では、SSDの消去を実演します。

HDDの場合、消したいデータに別のデータを直接上書きすることで、元のデータの痕跡がほぼ消え、復元が困難になります。

しかしながら、SSDのデータ消去において、この上書き消去は安全とは言い切れません。こうした問題点をふまえて、ご説明いたします。

みなさまのご来場を心よりお待ち申し上げております。

2023 TRON Symposium(TRONSHOW)パーソナルメディアブース(ブースNo: A-2)では、パソコンからの情報漏えいを防止するデータ消去ソフト「ディスクシュレッダー7」のデモンストレーションを行います。

ディスクシュレッダー7

会場では、ディスクシュレッダー7を使用して、実際にデータ消去を行っていただく体験コーナーも設けております。ディスクシュレッダー7を操作してみたい、データ消去を体験したい、という方はぜひお立ち寄りください。(日程は下記ご参照)

12月6日(水) 13:40~ 15:40~
12月7日(木) 10:10~ 12:40~ 14:40~
12月8日(金) 11:10~ 13:40~ 15:40~

※所要時間は各回とも15分程度です。

みなさまのご来場を心よりお待ち申し上げております。