FC2ブログ
パーソナルメディア株式会社が出展するイベントや注目の新製品、お得なキャンペーンなど、最新情報をお届けします。

パーソナルメディアブースでは、今年もTRON関連製品や書籍の特価販売を行います!

◆会場特価商品
・超漢字V 通常価格19,440円→会場特価!
・会場内で販売するすべてのTRONWARE 定価1,296円→会場特価!

気になる価格は会場でお確かめください☆
数量限定の商品もございます。お早めにお求めくださいますようお願いいたします。
336_l.jpg

◆2018 TRON Symposium

特集は、2018年12月12日(水)から3日間にわたり開催される、2018 TRON Symposium – TRONSHOW – の出展内容紹介です。会場では、「つながる」をテーマに、TRONプロジェクトの最新の成果をご覧いただけます。誌面にて、出展企業による製品紹介と、期間中に開催されるさまざまなセッションをご案内しています。

◆μT-Kernel 3.0 + IEEE 2050-2018

リアルタイムOS μT-Kernel 2.0のIEEEによる国際標準化(IEEE 2050-2018)は、TRONプロジェクトの2018年最大の出来事であるといっても過言ではありません。TRONプロジェクトから世界標準仕様が誕生するまでの経緯や、IEEE 2050-2018に準拠したあたらしいリアルタイムOS「μT-Kernel 3.0」の概要をご紹介します。
また、2018年10月9日から12日の4日間にわたり「IEEE GCCE 2018」が奈良で開催されました。坂村健TRONプロジェクトリーダーの基調講演とIoT Workshopの様子をご報告いたします。


TRONWAREは全国の書店、販売店のほか、当社ウェブショップでもお買い求めいただけます。また、当社ウェブショップ限定で電子書籍のPDF版を発売しております。紙書籍とPDF版のお得なセット版もございます。

なお、2018 TRON Symposium(TRONSHOW)パーソナルメディアブース(ブースNo: A-9)では、12月12日(水)から14日(金)の3日間、TRONWARE VOL.174を会場限定特価で先行販売いたします。
ぜひこの機会にお買い求めください!

2018 TRON Symposium(TRONSHOW)
~つながる~

会期 2018年12月12日(水)~14日(金)
時間 10:00~17:00
会場 東京ミッドタウン ホール(Midtown East B1)
<パーソナルメディア ブースNO. A-9>

パーソナルメディア書籍サイト:TRONWARE VOL.174
http://www.personal-media.co.jp/book/tw/tw_index/336.html

2018 TRON Symposium(TRONSHOW)パーソナルメディアブース(ブースNo: A-9)では、IoTエッジノード向けOSのIEEE世界標準仕様に準拠した「μT-Kernel 3.0」の開発評価キット「μT-Kernel 3.0リファレンスキット」のデモンストレーションを行います。

μT-Kernel 3.0リファレンスキット

本製品は、IEEE(米国電気電子学会)がIoTエッジノード向けOSの世界標準として仕様を定めた「IEEE 2050™-2018」準拠のリアル
タイムOS「µT-Kernel 3.0」を、トロンフォーラム認定のT-Engineリファレンスボードに実装しました。 TCP/IPなどのミドルウェアやデバイスドライバ、開発環境(SDK)が付属しており、すぐに開発評価を始められるワンストップパッケージです。製品の詳細を担当員がご説明いたしますので、是非当社ブースまでお越しください。

2018 TRON Symposium(TRONSHOW)パーソナルメディアブース(ブースNo: A-9)では、「IoT-Engine 教育&実習パッケージ」のデモンストレーションを行います。 IoT(Internet of Things)エッジノードの開発に不可欠な組込み向けリアルタイムOSの教育と、実習に必要な教材やボード、ソフトウェアをワンパッケージ化した商品です。リアルタイムOSを中心としたIoTの組込み機器側の技術教育から、IoT-AggregatorとIoT-Engineとの連携による最先端のIoTシステムの構築を手ほどきします。

IoT-Engine教育&実習パッケージ

発売以来2年間で、大学などの教育機関を中心に導入いただき、問い合わせも年々増加しています。会場では本製品を構成するIoT-Engineボードや通信機器のほか、講義用スライドや例題プログラムなどの教材を展示します。製品の詳細を担当員がご説明いたしますので、是非当社ブースまでお越しください。

2018 TRON Symposium(TRONSHOW)パーソナルメディアブース(ブースNo: A-9)では、「漢字APIエコノミー」のデモンストレーションを行います。Webアプリケーションとの連携が可能な漢字検索ソリューションで、電子政府や名簿管理など、人名用漢字を扱う業務用Webアプリケーションの入力ツールとして最適です。

漢字API

本製品は、読みや画数はもちろん、漢字の構成部品やカタカナ、異体字などを使った直感的で分かりやすい漢字検索が可能です。また、新しく独自開発した字形差異データベースの応用により、異体字間で違いのある部分に色や説明を付けて強調表示する「異体字カラーナビ」の機能と、異体字間で差異のある部品を検索キーとして表示し、絞込み検索によって目的の異体字を特定できる「異体字パーツナビ」の機能を提供します。製品の詳細を担当員がご説明いたしますので、是非当社ブースまでお越しください。

「2018 TRON Symposium -TRONSHOW-」の会期中に開催されますセッションに当社 松為彰が登壇します。是非、ご聴講ください。
     
開催日時 2018年12月12日(水) 13:00-14:30
タイトル 国際セッション:「IEEE2050-2018標準」           
登壇者 松為彰(代表取締役社長)

開催日時 2018年12月13日(木) 14:45-16:15
タイトル テクノロジセッション:「Open IoTを支える技術」
登壇者 松為彰(代表取締役社長)

※聴講には聴講予約の事前申し込みが必要です。

パーソナルメディアは「2018 TRON Symposium(TRONSHOW)」に出展いたします。今後イベントブログにて、展示内容や最新情報をお伝えしていきますので、どうぞお楽しみに!

2018 TRON Symposium(TRONSHOW)
会期 2018年12月12日(水)~14日(金)
時間 10:00~17:00
会場 東京ミッドタウン ホール(Midtown East B1)
<パーソナルメディア ブースNO. A-9>

2018TS

TRONイネーブルウェア研究会では、障碍者、高齢者などを問わず誰でも使えるコンピュータ環境の実現を目指し、活動を行っています。
また、シンポジウムを通して、多くの方々と意見交換や討論を行い、交流の輪を広げてきました。

今年の「TRONイネーブルウェアシンポジウム TEPS 31st」では、福島県で長年にわたり地域医療に携わってこられた橋本重厚福島県立医科大学会津医療センター教授にご講演いただきます。また、INIAD(東洋大学情報連携学部)で進めている「オープンモビリティプラットフォーム」の一貫として進められている「INIAD バリアフリーマップ」の最新状況を報告します。

これらの発表・事例を通して、超高齢者社会におけるIoT/ICT技術の役割、活かし方に関する議論を深めていきます。

現在、本シンポジウムのウェブサイトにて、参加申し込みを受け付けています。

なお、本年度より開催日、会場が変更となりました。
2018 TRON Symposiumに先立って、12月1日(土)に東洋大学赤羽台キャンパスINIADホールにて開催いたします。
皆様のご参加を心よりお待ちしています!

teps.png

TRONイネーブルウェアシンポジウム
TEPS31st「IoT/ICT技術で支える高齢者社会」


主催:トロンフォーラム/TRONイネーブルウェア研究会
共催:INIAD cHUB(東洋大学情報連携学 学術実業連携機構)
   東京大学大学院情報学環 ユビキタス情報社会基盤研究センター
日時:2018年12月1日(土)13:30~16:30(13:00受付開始)
会場:INIADホール(東洋大学 赤羽台キャンパス)アクセス
参加費:無料
参加申込:TEPSウェブサイトよりお申込みください。

基調講演:坂村 健(INIAD(東洋大学情報連携学部)学部長、TRONイネーブルウェア研究会 会長)
特別公演:橋本 重厚(福島県立医科大学会津医療センター 教授)
報告:別所 正博(INIAD(東洋大学情報連携学部)准教授)
パネルセッション:坂村 健、橋本 重厚、別所 正博

※本年度より開催日・会場が変更になりました。お間違いのないようご来場ください。

335_l.jpg


◆いよいよ開講!!「Open IoT教育プログラム」

2018年夏、社会人を対象とした「学び直し」のための教育プログラム「Open IoT教育プログラム」が開講しました。
本事業は、文部科学省のリカレント教育事業「enPiT-Pro」に採択されており、坂村健TRONプロジェクトリーダーが学部長を務めるINIAD(東洋大学情報連携学部)を中心として、東京大学、名古屋大学、名城大学、横浜国立大学の計5大学とトロンフォーラムが連携しながら、IoT分野の実践的なプログラムを提供しています。
今号では、本プログラムのカリキュラムを紹介し、さらに演習科目の中から「Open IoT演習」の模様を誌上セミナーとして掲載しています。

昨今、個人情報の扱いは世界的な課題になっており、EUではGDPR(一般データ保護規則)が施行されました。ITと法律の両面に関係し、日本企業も避けては通れない課題として、GDPRの概要を解説しています。

そのほか、現在開催中の「第2回 東京公共交通オープンデータチャレンジ」の概要をご紹介しています。首都圏の公共交通事業者や国土交通省とも連携した画期的なオープンデータコンテストですので、ぜひご参加ください。


TRONWAREは全国の書店、販売店のほか、当社ウェブショップでもお買い求めいただけます。また、当社ウェブショップ限定で電子書籍のPDF版を発売しております。紙書籍とPDF版のお得なセット版もございます。

パーソナルメディア書籍サイト:TRONWARE VOL.173
http://www.personal-media.co.jp/book/tw/tw_index/335.html

大好評発売中のデータ消去ソフト「ディスクシュレッダー6」の製品紹介動画を公開しました。ディスクシュレッダーの旧バージョンや他社製のデータ消去ソフトなど、お使いの消去ツールでお困りの方は是非一度ご覧ください。



* ディスクシュレッダー6ウェブサイト
* YouTube - パーソナルメディアチャンネル